メンズ脱毛クリニックなら薄毛治療(AGA)も同時に行えます。

ヘッダー画像

AGA治療とは?男性ホルモンを抑えることで得られるメリット

男性ホルモンが多い方は、頭皮が薄くなりやすく・体毛が濃くなりやすいという傾向にあります。メンズ脱毛クリニックであればホルモンバランスを整え薄毛を抑制しつつ、気になる体毛の脱毛を同時に行うことが可能です。

AGA治療と同時に出来る?

AGA治療と男性脱毛を並行して行える?

体毛に悩む方の多くは「男性ホルモンが強い」という傾向にあるため、頭皮が薄い・脂性肌といった別の悩みを同時に抱えていることがほとんどです。
こちらは年齢を重ねる毎に多く見られるようになっているようで、脱毛と同時にAGA治療も同時に解決したい”と考える男性も多くいらっしゃるようです。
当ページではメンズ脱毛を行いつつもAGA治療は行えるのか?という点にフォーカスを当て、解説していきたいと思います。

AGA(薄毛)治療とは

薄毛とムダ毛の濃さを同時に悩むのは、ホルモンバランスが乱れている証拠です。
人間は歳を取るほどホルモンバランスが乱れやすくなるので、30~40代になるにつれてヒゲ・体毛が濃くなったり、薄毛になってしまったりといった事態に陥りやすくなります。
脱毛や毛根や毛の生やす細胞(バルジ領域)を破壊すること毛を生えづらくさせるものになりますが、AGA治療は内服薬によってホルモンバランスを整える治療法が主流です。

薄毛のパターン

男性が加齢で薄毛や体毛が濃くなる理由は以下のパターンがあります。

・悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が増加
・善玉男性ホルモンのテストステロンが減少

治療方法にはいくつか種類がありますが、現在ではDHTの抑制を抑えるタイプの薬(ザガーロ、プロペシアなど)を服用する方法が主流になっています。
なお、仕組みはDHTを生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素(5α-リダクターゼ)を阻害することで薄毛を食い止めるというものです。
ただし、ムダ毛が濃くなる理由は、ホルモンバランスの乱れのほかに、遺伝や毛抜き、肌への刺激(ダメージを与える剃り毛など)による後天性の要因も考えられますので、しっかりとカウンセリングを受けてから治療に入るようにしてください。

治療は医療系の脱毛クリニックのみ

医療系脱毛クリニックの医師

結論から申し上げますと、AGA治療と脱毛を一緒に行うことは可能です。
しかしながら、AGA治療は医師の診察を受けて治療薬を処方してもらう流れになりますので、エステ系のメンズ脱毛サロンでは行うことができません
AGA治療と医療脱毛はともに保険適用外になりますが、医療脱毛を扱っているクリニックの多くは、AGA治療も扱っています。

なお、AGA治療薬は自費になるので、1回に処方できる薬の量に制限はありません。
脱毛で1~2カ月に1回通うのであれば、そのタイミングで2~3か月分のAGA治療薬を処方してもらうことも可能です。
ともに、何度も通院を繰り返して長期的な治療を求められるので、同時に同じクリニックで利用すると通院の手間を少なくできるメリットがあります。

進化する薄毛治療

毛が生えてくるメカニズムは実は完全に解明されたワケではありません。
メンズ脱毛も以前は「本当に減るの?」と半信半疑の方が多かったのですが、脱毛技術の進化により、多くの人が利用するコンテンツへと成長を遂げました。
AGA治療薬も抑制作用が期待できる薬が次々と登場しており、毛根が死んでいない限りは再度生えてくると言われています。
メンズ脱毛もAGA治療も老化によって得られる成果は減少していってしまいますので、気になった方は早めに対策することをオススメします。

Copyright©2019メンズ脱毛サロンサーチ All Rights Reserved.