メンズ脱毛で「タトゥー・刺青」がNGである理由を解説します。

ヘッダー画像

レーザー脱毛は危険?タトゥーの肌が及ぼす危険性とは

男性用・女性用の別にかかわらず、タトゥーや刺青が入った肌の場合、一部のサロン・クリニックでは施術を断られてしまうケースもあります。効果が下がってしまう原因や脱毛可能な施術方法をご紹介します。

タトゥー・刺青があると脱毛できない?

腕にタトゥーを彫った男性

結論からもうしあげますと、タトゥー(刺青)を入れている場合、その箇所についてはレーザー脱毛及びフラッシュ脱毛(光脱毛)ができません。
レーザー脱毛機とフラッシュ脱毛機は共に毛の黒いメラニン色素に反応し照射を行いますので、タトゥーが入っている肌ですと根に正確に反応しない可能性があるためです。
もちろんタトゥーや刺青が入っている箇所を避けて脱毛する事はできますが、タトゥーが入っていない人に比べてやはり仕上がりは劣ってしまいます。

日焼け対応の脱毛機もNG

湘南美容クリニックの「ウルトラ美肌脱毛」や、「メディオスター」といった蓄熱式のレーザー脱毛であれば、日焼け肌にも対応しております。
そのため“タトゥーが入っていても大丈夫なのでは?”と思われがちなのですが、当該レーザー脱毛機であっても「小麦色の肌くらい」が限度となっており、タトゥー・刺青には対応していないのです。
ヤケドしない程度の出力に調整すれば施術は可能ではありますが、低出力ですと1回あたりの効果は弱くなり、硬毛化しやすいというデメリットがあります。
また、タトゥー・刺青の上からIPLレーザーやIPLフラッシュを当てるとタトゥーそのものの色が変わってしまう可能性もあり、実際に「家庭用脱毛機でセルフ脱毛したら色素が落ちてしまった」というケースも確認されています。

クリニック側が断るケースも

タトゥー・刺青の周辺をレーザーやフラッシュの脱毛機で照射するときは、必ず「施術ミスによる照射トラブルの責任追及をしない」という旨の誓約書を書かされます。
通常であれば手厚い保証やサポートを用意しているメンズ脱毛サロン・クリニックですが、タトゥーが入っているというだけでこれらの特典が無くなってしまい、万が一施術者のミスで色の入った肌を照射しても保証は何もありません。

タトゥー有りで脱毛を受ける場合

様々な制約を受けてしまう“タトゥー”“刺青”ですが、入っているだけでメンズ脱毛そのものが利用出来ないのでしょうか。
いいえ、そんなことはありません。
前述した通り、タトゥーが問題視されているのはあくまで「メラニン色素と勘違いしてしまい誤照射が起こりやすい」という理由からです。
そのため、メラニン色素に反応しない脱毛方式であれば、タトゥーは問題にはなりません。

ニードル脱毛(電気脱毛)はOK

メンズTBCのスーパー脱毛

メンズTBCや一部のメンズ脱毛サロン又はクリニックで採用している「ニードル脱毛(電気脱毛)」であれば、タトゥーを気にせず脱毛する事ができます。
当該脱毛方法は、毛穴に電気を流し1本ずつ処理していくため、肌の色や色素の有無は問題にならないためです。
効果が薄いと言われている「白い肌」「白い毛」の男性が多いアメリカでは、レーザー脱毛よりもニードル脱毛の方が一般的であり、タトゥーがあっても問題無く脱毛する事が可能なようです。
ただし、ニードル脱毛は減毛効果が非常に高い反面で“1本あたり100~200円”と、レーザー脱毛よりも料金が高く設定されています。

使い分けがお奨め

どうしてもタトゥーの部分が気になる場合は、タトゥーの入った部分だけ電気ニードル脱毛。その他の部位はレーザーやフラッシュなどで使い分けると良いでしょう。
ニードル脱毛の場合は「1本あたり○○円」という料金設定となっている上に照射範囲を自由に選択できるので、例えば“タトゥーが入っている箇所のみニードル脱毛を用いる”といった利用が可能です。

事前に脱毛しておくのがベスト!

タトゥー後に脱毛をしても、仕上がりが悪いばかりか、火傷や色素が薄くなるといった肌トラブルを招いてしまう可能性もあります。
したがって、タトゥーや刺青を入れる予定なのであれば、“入れる前に”予め脱毛しておく事を強くお奨めします。
脱毛後は肌がより綺麗に見えるという効果があるため“タトゥーの仕上がりがより良くなる”と、必ず脱毛をしてから行うというタトゥー愛好家もいらっしゃるようです。

脱毛を受ける場合はしっかりと保護を

どうしてもレーザー脱毛・フラッシュ脱毛を受けたい場合には、シートやテーピング等でタトゥー・刺青の入った部分を保護しておくと良いでしょう。
しかしながら、タトゥーや刺青によって脱毛面積が小さくなっても、部位に応じた通常通りの料金がかかり、決して割引されるワケではありません。
脱毛機が進化しタトゥーが入った肌でも問題無く施術可能な時代がやってくる可能性は十分にありますが、現代の技術ですと「脱毛可能ではあるが、大きな制約とリスクがある」という点を良くご理解いただきましたうえ、利用するようにしてください。

Copyright©2019メンズ脱毛サロンサーチ All Rights Reserved.