メンズ脱毛でも光脱毛で効果が得られるのか方法と特徴をまとめました。

ヘッダー画像

メンズ脱毛で効果が出る?光脱毛を行う前に知っておきたい方法と特徴

光脱毛は主に自宅で行う脱毛やエステサロンで取り扱われている比較的効果の緩やかな脱毛方法です。メンズ脱毛でも効果が実感できるのか、医療レーザーと痛みや特徴を比較してみました。

光脱毛(フラッシュ脱毛)とは

フラッシュ脱毛が採用される家庭用脱毛器

光脱毛は、主に家庭用脱毛器やエステ脱毛で使用されている脱毛方法です。
医療用レーザーに比べて光が直線的でない為、皮膚の深くまで光が届かず痛みが少ないという利点があります。 また、光の照射方式によっても効果が異なるため、知っておくと脱毛サロンや脱毛機器選びの際に役立つでしょう。

大きく分けると“IPLとSSC”の2つ

フラッシュ脱毛の施術

脱毛効果ではほとんど差異が見られませんが、厳密に言うと光脱毛にはIPL方式とSSC方式の2つがあり、以下の通り違いがあります。

IPL方式

Intensive(インテンス)・Pulse(パルス)・Light(ライト)の頭文字を取りIPL方式と呼ばれた方式の光脱毛です。 キセノンランプという光を使用し、医療用レーザーと同様に黒いものに反応して組織を破壊するシステムで、毛が導火線となり毛乳頭に直接ダメージを与えるため、減毛効果が期待出来ます。
エステ脱毛の脱毛機で利用されていた照射方式ですが、従来の医療用レーザーの痛みを緩和するために、現在では医療脱毛でも取り入れられています。
また、熱さ・痛みが非常に少なく安全性が高いため、シミ取りレーザー等にも多く用いられている方式です。

IPL方式を採用している脱毛サロン・クリニック

エステ脱毛サロンなら…
リンクスの「オリジナル男性専用光脱毛機

医療脱毛クリニックなら…
湘南美容クリニックの「ウルトラ美肌脱毛

が有名です。

SSC方式

Smooth(スムース)・Skin(スキン)・Control(コントロール)を略しSSC方式と呼ばれ、クリプトンライトという光を照射する脱毛方法です。
ジェルを使用する点が大きな特徴で、ジェルが毛穴に浸透しつつ毛根に直接光エネルギーを当てるため、ジェルと光両方の抑毛効果を得る事が出来ます。 肌に優しく痛みはほぼ全くありませんが、その分脱毛効果は低いとされています。
顔・ワキ・VIO等といった“デリケートな部位の脱毛”で当該方式を用いる脱毛サロンが多い印象です。
直接的な脱毛効果がほとんど無いため大手男性脱毛サロンでは取り扱いが無く、一時的に脱毛したい場合といった限定的なシーンでのみの活用になるでしょう。

SSC方式を採用している脱毛サロン・クリニック

メンズ脱毛では無し
女性系だとミュゼ・脱毛ラボ等が有名です。

家庭用脱毛器は「IPL方式」を採用

家庭用脱毛器で脱毛する

エムテック社の「ケノン」や、ヤーマン社の「no!no!」といった家庭用脱毛器がブームとなっておりますが、キセノンライトの取り扱かいやすさからほとんどのメーカーで IPL方式を採用しており、ジェルを使用するSSC方式のものは確認出来ませんでした。

IPL方式がほとんど

メンズ系の大手脱毛サロンではSSC方式を採用した光脱毛は確認出来ませんでした。
一方、IPL方式はほぼレーザー脱毛機と同じ仕組みであるため、多くのエステやクリニックで使われています。
特に、湘南美容クリニックの「ウルトラ美肌脱毛」は医療脱毛の効果を具えつつ、光脱毛が持つ“痛みの少なさ”や“美肌効果”を兼ね備えており、人気が高まっています

効果で選ぶか美肌を優先するか
メンズ脱毛をし始めた男性サラリーマン

従来の医療用レーザーに比べるとどちらも火傷の心配が少なく、高い安全性が保障できます。減毛効果を狙うなら「IPL方式」、美肌メインで考えるのであれば「SSC方式」といった形で使い分けると良いでしょう。

両者の違いまとめ

IPL方式 SSC方式
痛み 若干感じる ほとんど無し
減毛効果 有り 無し
特徴 キセノンライトを採用
医療脱毛でも採用
ジェルを使用する
日焼け肌でもOK
美肌効果がある
Copyright©2018メンズ脱毛サロンサーチ All Rights Reserved.