また生えて来てしまった方必見!永久脱毛のメカニズムと定義を解説します。

ヘッダー画像

「永久脱毛」なのにまた生えてくる…再生メカニズムと定義

数か月単位の毛周期に併せて施術を行うメンズ脱毛では、永久脱毛に至るまでに1年半~3年程の期間を要します。毛が生えて来なくなる仕組みから、脱毛に於ける“永久”の定義・法律上の取り扱い等についてまとめました。

永久脱毛は本当に“永久”?

説明する脱毛クリニック医師

脱毛を専門にする男性サロンのスタッフさんに実際に聞いてみました。

Q.ズバリ!永久脱毛をすると永遠に生えてこないのですか?

A.残念ながら違います。
現在、永久脱毛の正確な定義は法律上日本に於いて定められていないのが現状で、脱毛協会独自のガイドラインの定義に基づいて「永久脱毛」という文言を用いています。
脱毛協会では、永久脱毛を「最終脱毛日から1か月した後の毛の再生率が20%以下である脱毛方法」と定義付けており、1回の施術で完全に毛の状態をゼロにするものではありません。
しかし、毛根そのものは確実に減っていくため、複数回の利用で徐々に毛の量を減らして行き、ほぼゼロの状態に持っていく事は出来ます。
つまり、1回の脱毛ではまた数か月後に生えて来てしまいますが、数度の施術によって1回目よりも2回目、2回目よりも3回目、といった形で徐々に持続効果は高くなっていくのです。

医療脱毛を受けた男性の腕

※医療脱毛を行った男性の2週間後の腕の様子

永久脱毛の仕組み

ざっくり言うと、
毛根を焼いて、毛が生える機能を除去する方法
が永久脱毛の仕組みです。

黒~茶色にのみに反応する特別なレーザーを与える事により、毛やその周辺へ熱エネルギーを与え組織を破壊します。
フラッシュ脱毛」という脱毛機器を使用しているサロンもありますが、こちらは基本的にエステ等で用いられる物であり、痛みが少ない反面、完全に除去するのは難しく定期的かつ長期に亘って施術を行わなければなりません。

家庭用脱毛器ケノン

※家庭用のフラッシュ式脱毛器では「ケノン」が有名ですね。

また、「ニードル脱毛」という文字通り“毛穴に直接針を刺し”電気エネルギーを加える事で組織を破壊する脱毛法もあります。
こちらは効果が非常に強い反面強い痛みが伴うため、人気が低く、扱う男性サロンは今ではほとんど無くなっています。

ニードル脱毛の電気針

1回の施術でどれくらい効果があるのか

大体5~6回で完了すると言われている男性脱毛ですが、「お試し1回限り無料!」という広告を目にした事はありませんか?
ちょっとズルい方法ですが、1回で効果が得られるのであればお試しのみを色々なサロンで行えば無料で全身ツルツルになれるのでは!という考えが頭をよぎってしまうのではないでしょうか。
そこで、施術1回辺りでどのくらいの効果が得られるのかを調査しました。

1回で完全除去は難しい?

永久脱毛は、

施術前に自身で毛を剃る(剃毛)
レーザー照射
1~2週間ほどで毛が抜けて行く
毛が再生し始める
①へ戻る

という手順を繰り返します。
毛には“再生の周期”があり、1度除去しても体内では次の毛が中で控えている状態が続いているため、1回で全ての毛を照射する事が出来ず、1回の施術では完全に生えなくなるようにする事は難しいのです。
厳密に言うと1回の脱毛で毛根を機能させなくする方法もあるにはあるのですが、非常に強力な機器が使用する必要であり、リスクが高すぎてビジネスとして活用するのは実用的ではありません。
遠回りに見えるかも知れませんが、小まめに通うのが最も近道なのです。

1回体験した方の声

ちょっと薄くなった程度ですかね…1か月半くらいで元通りになりました。
体験脱毛は本当に体験程度。効果は期待しない方が良い。
1カ月くらいはツルツルでしたよ!が、徐々に戻る感じですね…
始める前よりも薄くなった気がします。

実際に利用した方の多くはイマイチ効果を実感出来ていないようで、「ちょっと薄くなったかな?!」程度のものであるという事が分かります。
ただし、これはあくまで平均的な効果の話であって、腕の良いサロンを実際に体験した方の中には「1回でほぼ目立たなくなった!」という声も多く、やはり一度は試してみた方が良いです。
サロン側としてもせっかく来てくれた利用者に対していい加減な施術を行うという事はありませんので、複数のサロンの体験を上手く活用し1回当たりの効果がより高い店又は院を選ぶのが良いでしょう。

ツルツル肌になるには何回行けば良い?

エステ脱毛の場合…15~20回
医療脱毛の場合…5~10回

は最低でも必要だと言われています。
脱毛プランをみても1セット5~6回になっている事が多く、毛が薄い人で1セット、一般~濃い目の男性で2セット行う事で完了します。
ただし、これはあくまで平均回数であり、毛の状態(量・範囲)やサロンのテクニック次第では10回以上必要になってしまうケースもあります。

髭を抜いてから行くのはNG

毛抜きでセルフ脱毛する男性

肌が荒れてしまう、青くなるのが嫌、といった理由から毛抜き・ピンセット等で髭を抜いて処理している方も多いのではないでしょうか。
永久脱毛の仕組みは“黒い物を辿って毛根まで熱を伝え、毛根を破壊する”というものです。
つまり、毛はレーザーの熱エネルギーを伝える導火線の役割を果たしており、一定量存在していないと脱毛効果がありません。
そのため、普段髭を抜いている人は一旦毛根から毛を再生させる必要があり、最終的に毛を抜いた日から1か月程度は期間を開けるようにして下さい。

永久脱毛の効果を上げるには

しっかりと毛が生えそろった状態でレーザー脱毛を行うのが最も効果が高いです。
普段毛を処理している方は、焦らず、じっくりと生え揃うまで待った上でカウンセリングを受けた方が良いでしょう。
なお、密度が高い「髭(特に鼻下・アゴ等)」は黒い部分が多い為、やけどになり易い上に一度に大量の脱毛が難しくなっており、数回に分けざるを得なくなっていますので、「焦らない」という事も非常に大切です。

Copyright©2018メンズ脱毛サロンサーチ All Rights Reserved.