メンズ脱毛を自宅で行う場合のリスク・注意点についてまとめました。

ヘッダー画像

セルフ脱毛は危険で効果薄?!リスク&コストパフォーマンスを調査

市販で買える脱毛グッズを利用する事で、自宅でも簡単に脱毛する事が可能です。毛抜き・脱毛クリームといった簡易に行えるものから、家庭用脱毛器の効果やコスト等についてまとめました。

セルフ脱毛は危険?肌トラブルに注意

セルフ脱毛グッズ

カミソリ、シェーバー、毛抜き、レーザー、クリーム…
毛を剃ったり、抜いたりするための商品やアイテムは男性の必需品であり、化粧品メーカーにとって常に売れ筋の商品です。
日々の身だしなみではカミソリ、シェーバーが一般的であり、世の中の男性のほとんどが所有しているアイテムと言っても過言ではありません。
今回は「お手入れ」では無く、自身で毛を薄くするための「脱毛」という観点から、様々なリスクや効果を検証していきたいと思います。

毛抜きでセルフ脱毛

毛抜きで脱毛する男性の手

毛抜きは100円ショップで手に入るほど安価であり、錆びたり折れたりしない限り半永久的に使う事が可能です。
ピンポイントでの脱毛が可能なため眉や髭を整えるのに最適なアイテムと言って良いでしょう。
まずは毛抜きで脱毛した際のリスク等について考察していきたいと思います。

毛抜きで抜くメリット

肌が青くならない

剃り負けしない

という点がメリットとして挙げられます。
また、生えてくるまでにしばらく時間がかかりますので、一度処理すればしばらく放置出来るという点も〇。
仕上がりとしては医療レーザーと同様に根本から処理するため、髭が青くならず、ツルツルになります。

埋もれ毛の怖さ

毛抜きで髭やムダ毛を処理する際に最も怖いのが「埋もれ毛」です。
埋もれ毛とは毛が正常に生えておらず、皮膚内に留まってしまう状態の事で、放っておくと化膿・黒ずみによって肌が汚く見えてしまいます。
無理に針等で出そうとすると肌を傷つけてしまい更なる肌トラブルに発展してしまう恐れがありますので、決して無理して出そうとはせず、経過を見守りましょう。
どうしても生えて来ない場合にはお近くの脱毛サロンや皮膚科に相談してみて下さい。

脱毛クリームは効果ある?

脱毛クリームを手に取る男性

ネットの広告等で「塗るだけでツルツル」という文言を目にした事はありませんか?
こちらは「脱毛クリーム」と呼ばれ、文字通り塗るだけで脱毛が出来るという優れもので、脱毛をしたいという考えをお持ちの方は、一度は利用した事があるのではないでしょうか。
しかし、こちらは毛を柔らかくし、溶かすという特別な薬剤を使用したクリームであり「脱毛する」という言葉とはマッチしない印象です。
(どちらかというと“除毛”という形容が相応しいです。)

毛が薄くなる!
という風に謳っている事が多いですが、処理出来るのは表面のみの毛であり、毛が薄くなるメカニズムについては触れられていません。
根元の毛が生えてくれば元通りのため、薄くなる効果は期待できず、誇大広告では?と思う表記も決して珍しくありません。

手っ取り早く処理したいのならお奨め

まとめて短時間で広範囲を処理できるため、手っ取り早く毛を無くしたいのであればお奨めの方法と言えます。
また、デリケートゾーンと呼ばれる自分では手が届かず、カミソリの使用が難しい箇所へ利用が可能であり、多くの箇所に対応している点もメリットであると言えます。

肌が弱い人は要注意

「毛を柔らかくし、溶かす」

こちらが脱毛クリームのメカニズムです。
聞いただけで肌が荒れそうですが、実際に肌の弱い人には影響が出ており、数日間ヒリヒリしている、大量に吹き出物が出来た、毛穴一つ一つが赤く腫れあがっている(毛嚢炎)等の報告も目立っています。
アレルギーをお持ちの方や肌の弱い方は、きちんとテストを行った上で全身に塗るようにしてください。

家庭用レーザー脱毛は効果ある?

男性でも使える家庭用フラッシュ脱毛器

ケノンを始めとした家庭用のレーザー脱毛器が各メーカーから発表されていますが、使用感はどうなのでしょうか?
実際に利用した感想や、肌トラブルについて等を調査しました。

ケノンの効果・メリット・デメリット

ケノンは正式には「フラッシュ方式」と呼ばれる脱毛方法となり、医療用のレーザー脱毛とはまた少し異なります。特徴として、痛みが少ない反面、脱毛効果が低くなっており、やはり“家庭用”という域を出ないという印象です。
安全性は高いですが、サロンでの脱毛よりも時間と手間が掛かってしまう点がデメリットと言えるでしょう。

コスパやリスクを考察

ケノンは電気代+カートリッジ代が掛かります。
大体どのくらいのコストが掛かるのかを計算してみました。

1ショット辺りのコスト 0.59円(レベル10で計算)
照射出来る面積 3.7×2.5cm(9.25㎡)
男性の体表面積の平均 16,900㎡

大体毛が生えている箇所が体の5分の1程度と仮定すると約3,380㎡となり全身を照射するのには350ショット程度が必要な計算です。
そのため1日全身に照射すると仮定すると電気代は215円。
カートリッジは100万回ほど使えるようですので、半永久的に使えると考えて貰って問題ありませんが、万が一取り換える場合には9,800円が必要となります。
2~3日に1回使うと平均して月々3,000~4,000円程度がケノンに掛かる使用・維持コストとなります。

コスト的にはどちらが得?

ケノンは安全性を重視したフラッシュ方式のため、レーザー脱毛のように少ない回数での脱毛は難しいです、3日に一回程度行ったと加味しても、毛が本当に無くなるまでには3年以上は掛かると言われています。
そのため、ツルツルになるまでに掛かるコストは

機器代 98,000円(底値で70,000円前後)
1か月辺りのコスト 3,500円×36ヵ月=126,000円
カートリッジ代 9,800円

計233,800円となり、意外にもコストが掛かる事が分かります。
平均すると40万円前後(期間1年)の医療脱毛とどちらがコスパに優れているか、と問われると非常に難しいですが、照射に要する時間を考えるとその差は歴然と言っても過言ではありません。

(ケノンでのセルフ脱毛に掛かる時間…1回1時間×120日×3年)=360時間
(医療脱毛に掛かる時間…1回2時間×5回)=10時間

自分では処理出来ない箇所がある

デリケートゾーンや背中、Oゾーン等は自分で視認が出来ない上に手も届かず、ケノンでは処理が出来ない箇所があります。
きちんと照射が出来ない、誤照射を起こす等の危険性がありますので、無理に使用するのだけは絶対にやめましょう。

背中の脱毛を受ける男性

安全面では医療脱毛が優れている

最終的に医療行為が可能なクリニックでのレーザー脱毛が最も安全性に優れているといえます。
理由としては

肌トラブルになった際に対応が可能
万全な状態で脱毛が出来る
周期が2~3か月のため、肌へのダメージが少ない

といった点が挙げられます。
また、特にデリケートゾーン等は自分で脱毛出来ないため、セルフで全身を処理するのは事実上難しいと言わざるを得ません。
リスクを負わない余裕をもった脱毛の計画を立てるよう心がけましょう。

カウンセリングを行う脱毛クリニックスタッフ
Copyright©2018メンズ脱毛サロンサーチ All Rights Reserved.