メンズ脱毛のトラブルを事前に防ぐために悪質サロンで起きた被害を調査!

ヘッダー画像

悪質サロンでの被害事例を解説!メンズ脱毛の前後で知っておきたいトラブル対策

メンズ脱毛の被害は金銭だけでなく、肌トラブルや病気感染などの身体へのダメージが発生する事態を招きかねません。トラブル事例と悪質サロン被害の対策を事前に学び安全な施術を受けましょう。

メンズ脱毛サロンでトラブルに遭ったら

電車内のメンズ脱毛サロンの広告

「体験コース無料!」
「初回1,000円!」
「永久脱毛が500円~」
等の広告を電車や雑誌で目にした事はありませんか?
上記の歌い文句はエステサロン系サービスの王道な営業スタイルであり、入口を安く設定しリピーター獲得を狙ったものです。
低価格で脱毛を体験して貰い、希望部位をカウンセリングしながら最終的な見積りを提示する、という流れが主な契約パターンです
この際、ユーザー側は契約の有無を選択する事になりますが、サロン側も契約を取ろうとあの手この手で契約を取ろうと頑張ります。

柔らかな勧誘であれば営業活動の一環であると言えますが、中には脅迫まがいな強引な勧誘を行う悪徳サロンも確認されており、サロンを利用する上でのリスクである事には間違いありません。
予期せぬトラブルに巻き込まれないために、また巻き込まれた時の対処法を予め知っておきましょう。
このページでは、メンズ脱毛サロンで起こり得るトラブルや危険性についてまとめています。

クーリングオフが適用される条件

クーリングオフを説明する男性

気付いたら数十万円の契約を結んでしまっていた!
消費者センターに寄せられる脱毛サロンの苦情や相談の多くが料金や契約に関するもので、特に「契約解除やクーリングオフは法的に可能?」というものが多いそうです。
医療脱毛はクーリングオフNG?!
期間が過ぎていても契約解除が可能なケースとは?
脱毛に関するクーリングオフから契約解除にまで、知っておきたい基礎知識をご紹介致します。

脱毛サロンの倒産・事業承継は法的にどうなる?

脱毛サロンと法律問題イメージ

倒産・事業承継(M&A)等によって、今まで支払ったお金が無駄に…? 企業再編で起こった債務承継の問題は、脱毛サロンでも当然起こり得ます。 実際に、女性系脱毛サロン・脱毛クリニックでは大手であっても倒産しており、無視できないリスクの一つで<す。 事例から傾向と対策を予め確認し、予期せぬトラブルを事前に防ぎましょう。 万が一、通っていたサロンが倒産してしまっても、返金が受けられたケースもあります。

そのサロン本当に大丈夫?技術不足の危険性

頭を抱え嘆く男性

スタッフによって全然仕上がりが違う?
技術の違いによって起こる効果の変化から肌トラブル等を徹底分析!
脱毛サロンでは非常に取り扱いの難しい専用機器を使用するため、上手・下手がはっきりと分かれるという点については意外にも知られていません。
指名は可能?といったメンズ脱毛サロンの制度から、万が一下手な人に当たってしまった場合に変更可能かどうか、といった対策方法までをご紹介致します。

メンズ脱毛サロンの衛生管理

メンズ脱毛サロンの処置室

メンズ脱毛で病気感染のリスクはある?
タオルやベッドシーツ、脱毛機器等が不衛生である事によって引き起こされる病気の筆頭として毛嚢炎や吹き出物となどが挙げられますが、性病や感染症を引き起こす可能性も考えられます。
実際に男性サロンで性病感染したと思われる方の声やサロン側が徹底している衛生管理方法、実際に訴訟や処分を受けたケースはあるのか等についてまとめました。

誇大広告の禁止

嘘をつくメンズ脱毛サロンスタッフ

不当な表示や誇大な表現を用いた顧客の勧誘法で禁止されています。
口コミ型のガチランキングを売りにする某大手グルメサイトが有名ブロガーを起用してユーザーへの印象操作を行ったりランキング順位を売買していたりした事は記憶に新しい所では無いでしょうか。不適切な広告の表示はクーリングオフや契約解除の対象となるばかりか、サロン側が罰則を受ける可能性も考えられる非常に悪質な集客方法です。
脱毛サロンでの誇大広告の実態について調査しました。

コンプレックスにつけ込む悪徳サロン

悪徳脱毛サロンがはびこる街のイメージ

90年代から2000年にかけて、コンプレックスを食い物にするエステ商法や、ねずみ講(無限連鎖販売取引)といった悪徳商法が流行し、被害者が多数出る等大きな社会問題となりました。
特定商取引法が制定されこれらの被害は少なくはなっておりますが、今でも一定数の悪徳サロンが存在しているというのが現状であり、決して無視出来ない問題です。
過去には女性系の脱毛サロンでは誇大広告による業務停止命令の末に倒産してしまったというケースもあり、大手だからといって過信しないようにして下さい。
ネット全盛期である昨今、広告はサロン側の大きな集客源であり行き過ぎた表現を目にすることも多いでしょう。“真実かどうか”を見極める目を磨き、利用するサロンの評価を予め確認しておく事が大切です。
契約するサロンの情報収集やリサーチは怠らないように心がけましょう。

Copyright©2018メンズ脱毛サロンサーチ All Rights Reserved.